2020年1月27日月曜日

New Year Cup

16日に千代田スポーツセンターにて行われました、New Year Cup
に参加しました。
 この大会は、次週に行われます高体連主催の冬季ブロック大会に向け練習の成果を発揮する舞台として昨年からエントリーさせていただいています。この大会はシングルス・ダブルスのどちらか1つ全員がエントリーすることができ、選手一同大変楽しみにしている大会です。また、顧問もエントリー可能なため、シングルスに顧問の本永先生もエントリーしました。

昨年は全員3部(初心者の部)へエントリーし、シングルス3位・ダブルス3位という結果でした。今年は出場する部を2部に上げ、さらに昨年の結果を超えることをチームの目標として、当日を迎えました。

 練習では攻撃に時間をかけ、ラリーの大切さと攻撃する意識を徹底的にチームに伝えてきました。その成果は大会序盤から表れます。長いラリーになるとほとんどが藤村女子の得点につながっていました。また、長いラリーを嫌がる選手が多い中で、長いラリーをやろうと意識してコートに入っている姿がとても印象に残りました。

 結果は、シングルスで高校1年生の高橋と高校2年生の佐々木がベスト8。さらに高校2年生の巻田が第3位という結果でした。
 ダブルスでは、高校2年生の榎本・東がベスト8。高校2年生の山本が中学生とペアを組み準優勝。そして、高校1年生の佐藤・高校2年生の栗山が優勝という結果でした。
 また、顧問の本永先生ですが、シングルスの練習の成果を発揮し、2試合目では相手選手から1セット奪うことができましたが、本人の悔しそうな表情が印象的です。ほぼ全員が試合を控えている中で、お互いに応援し合っているところにチームとしてまとまりを感じました。

他校の先生方からは攻撃のスピードが圧倒的に速いと言っていただけました。近い存在ほど小さな成長は見落としがちです。外に出て様々な人の声を聴くことで新しいことに気が付かせて頂けたり、結果という自信を得られたりすると改めて感じました。

入賞した選手は当然自信を得たと思いますが、入賞できなかった選手も練習の成果は確実に表れていると実感してくれた一日だったのではないでしょうか。

冬季ブロック大会では決勝トーナメント進出を目指して頑張ります。
応援よろしくお願いします。





バドミントン部顧問
芦澤 歩夢
本永 悠人

0 件のコメント:

コメントを投稿