2020年2月13日木曜日

武蔵野市内グループ対抗戦大会

2月9日に武蔵野市市民体育館にて行われました、市内グループ対抗戦大会に参加して参りました。

今大会には、藤村女子Aチーム・Bチームの2チームが出場することができ、けが人を除くほとんどの選手が試合に出場することができました。
しかし、高校2年生のほとんどの選手はスキー実習に行っていたこともあり練習がほとんどできませんでした。チーム全員がそろって練習ができないなかで、学校に残っていた選手はレシーブを中心に練習に励みました。

藤村女子Aチーム
予選リーグ 
藤村女子A  0-3
藤村女子A  0-3
0勝2敗 予選リーグ3位

順位決定戦
藤村女子A3-0

藤村女子Bチーム
予選リーグ
藤村女子B 0-3
藤村女子B 3-0

順位決定戦
藤村女子B 1-2



結果を見てもなかなか勝ち越すことができない厳しいものになりました。

この試合を通して、私は部員に「心・技・体」がそろわないと決して試合に勝てないという難しさ、厳しさが伝わって欲しいです。

練習量を満足に積めなかった選手は「技」が欠けていたのかもしれません。
自信を持たずコートに入った選手は「心」が欠けていたのかもしれません。
体調不良や痛みを抱えている選手は「体」が欠けていたのかもしれません。

私が試合を見ていて、試合に出場した選手の全員が何かしら欠けているように見えました。試合に勝つことの難しさや、全員で「心・技・体」をそろえる難しさを実感してくれたのではないでしょうか。

試合に勝ちたいという感情は出場している選手全員が持っていると思います。その選手に勝つということはとても難しく、それほど重いということを今大会を通して学んで欲しいです。

ここ最近の試合結果では、確実に成果が出ていたところで今大会では結果が出ませんでした。悪い結果こそしっかり受け止め、反省につなげてもらいたいと思っています。

この春休みがこのチームでしっかり練習できる最後の期間です。緊張感を持って、向上心を持って、練習に励んでもらいたいです。

次の大会では良い報告が出来るようにまた頑張ります。
応援よろしくお願いします。


バドミントン部顧問
芦澤 歩夢
本永 悠人

0 件のコメント:

コメントを投稿